SEARCH
MENU

国際会議HRI 2020 alt.HRI 投稿募集【2020/3/23-26開催 日本語投稿も可】


日本ロボット学会のみなさま

筑波大学の大澤です。
人とロボットの相互作用に関する国際会議HRI2020 (Cambridge, UK, 2020/3/23-26)の、
alt.HRIセッションのチェアを担当しております。alt.HRIの論文募集になります。

最初に、昨年までとの重要な違いですが、国際会議HRI2020のalt.HRIでは、
【日本語を含めた多言語での投稿を受け付けます】。
また【日本語を含めたネイティブのレビュアーの登録も、奨励されています】。
ただし、英語以外の投稿に関しては、英語の翻訳原稿が必要となります(これは、機械翻訳でも構いません)。
英語以外の原稿の場合、査読はその言語を母語とする査読者に回される可能性が高いですが、確定ではありません(査読者が少ない場合、保証はしません)。
査読者やチェア同士のやりとりは英語で行われ、最終カメラレディ原稿は英語で受け付けます。

国内学会や研究会、卒論や修論の原稿の投稿も、状況によっては可能になるかもしれません。
ただし、二重投稿にならないよう、HRIの主催であるACM・IEEEや、他の学会の
著作権規定を確認ください
(チェアは著作権問題には関わりませんので、ご自身でご対応の必要があります)。

以下、HRI2020、alt.HRIのCFPの邦訳版(ほぼ機械翻訳ベース)をお送りします。
CFP原文は、下記URLからご確認ください

ALT.HRI

多言語対応の国際会議は、英米圏以外のチェアとしてalt.HRIを担当するにあたって、
今回議論を重ねて勝ち取った権利となりますので、英米圏以外、特に日本からの
投稿が増えますと嬉しいです。ご投稿、お待ちしています。

====
HRI 2020 alt.HRI 論文募集

2019年11月10日: チェアに英語以外での提出の意向を通知する期限
2019年12月10日: 原稿提出期限
2020年1月3日: 承諾の通知
2020年1月8日: カメラレディ締め切り

alt.HRIは、人間とロボットの相互作用の研究の限界を押し広げ、大きな影響力を持つ高品質の提案を募集しています。alt.HRIは、HRI2020で発表された研究の範囲を広げることを目標としています。HRIは、HRIに関連した視点と方法論を包含することを目的としていますが、他の分野におけるHRI関連の仕事を含め、毎年開催されるHRI会議ではあまり見られない投稿を集めたいと考えています。また、既存の投稿基準を超えているため、本会議では取り上げられないであろう創造的で示唆に富んだ研究も募集しています。提出論文は、二重盲検方式で厳格にピアレビューされます。

alt.HRIにおける研究の貢献の評価法:
急進的であるか: 研究は限界を押し広げ、リスクを取り、HRIに新しい革新的な視点とアプローチを提供することで、会議の主要トラックで見られた仕事を補完するものであるか
関連性があるか: HRIコミュニティへの幅広い関心を喚起し、時期を得たものであるか
品質が高いか: 質が高く、十分に議論され、支持された貢献であるか

多文化的・多様性のある貢献を受け付けるために、alt.HRIは、最初のレビュー段階で、著者の母国語による論文の提出を受け付けます。その場合、作成者は11月10日までに、英語以外の研究を提出することを希望していることと、査読を希望する言語に関する能力を持つ、潜在的な査読者の提案をチェアに対し行う必要があります。チェアは、あらゆる母国語に対する完全なレビューを保証することはできないため、英語以外の提出物には、英語を解する査読者のための英語翻訳版を添付する必要があり、2つのバージョンは内容が十分に同一である必要があります。また、最終版は英語版である必要があります。

alt.HRIの査読基準には、次の項目が含まれます。
– その作品はオープンマインドなHRIの参加者にとって、魅力的で関連性がありますか?
– その作品が変わっていたり、正統ではないように見えたとしても、潜在的な影響、紛糾するような議論、または人を刺激する議論の可能性はありますか?
– 「厳格さ」 がHRIで一般的に公表されている内容から外れている可能性がある可能性はあります。しかし、手続きは厳格で、よく研究されており、議論がされており、実装が的確で詳細である必要があります。
– その研究は、HRIに対しオルタナティブな価値を提供するものですか?

論文はPCSシステムを介して提出する必要があります。受理された論文は、メインプログラムで口頭で発表されることが期待されます。論文はACM Digital LibraryとIEEE Xplore Digital Libraryに保管されます。著者が口頭での発表を望まない場合には、別の提示形式を検討しても構いません。受理された論文の著者は、その論文を発表するために会議に出席しなければなりません。IEEEフォーマットの匿名化された原稿は、参考文献を除き、1枚につき最大8ページまで許可されます。alt.HRI 2020ではダブルブラインド査読を実施しており、著者はHRIガイドラインに従って申請資料を匿名化しなければなりません。

提出に関するトピックとして、alt.HRIは以下のタイプの申請を奨励しています。これは完全なリストではありません。
– 補完的な分野からの中心的な仕事。私たちは、(ただし、これに限定されない)、社会学、哲学、ロボット工学とアルゴリズム、ジェンダー研究、倫理、法律など、近隣の分野や分野の研究者からHRIに関連する応募を募ります。
– より具体的には、今年、私たちは芸術コミュニティとのコラボレーションから生まれるHRI研究の可能性を強調する貢献を奨励しています:芸術のインスタレーション/パフォーマンスからのユーザー研究、ロボット工学へのアートワークからの挑発的なリフレクション、芸術家とロボット学者のコラボレーションのための方法論、人間とロボットのパフォーマンス、ロボット工学における美学、など。
– 批判的なHRI。これには、現在の仮定に挑戦するための思索的な設計提案や、ロボットが社会や日常生活で果たす役割についての概念が含まれます。私たちは、現在のアプローチや考え方に疑問を投げかけるような、思考を刺激する仕事や仕事を求めています。
– 小さなサンプルから学ぶ。まれな経験や異常な事例は、時に、興味深く関連のある現象を実証することができます。例えば、何年にもわたって順調に運転してきたことよりも、一度のヒヤリハット(空気、車、原子力)から多くのことを学ぶことが多いでしょう。ここでは、HRIにおけるこのような豊富な事例を豊富に記述し理論化する論文を募集しています:単一事例,異常値,例外事例または重要な洞察と貴重な教訓を提供する小さなサンプルなど。
– HRIへの反省: HRIの分野、その歴史と軌跡、あるいは研究と設計におけるベストプラクティスと基準について、建設的な反省を促すような論文。論文には、HRIシステムのプロトタイプ作成と開発、または臨床検査の設計と実施のための特定の技術が記載されている場合があります。Reflections論文(再検証論文)はまた、HRI研究者が直面しているユニークな課題にもスポットライトを当てるかもしれません。
– 新しいロボット設計と実装。非常に革新的な設計と実装の高品質な実装。これは刺激的で刺激的です。これには、刺激的で、非明示的で、新しい技術的能力、コミュニケーションアプローチ、形態またはデザインを有するロボットに関する報告が含まれます。

David St-Onge (École de Technologie Supérieure, カナダ)
大澤博隆 (筑波大学, 日本)
Sean Andrist(Microsoft Research, 米国)

althri2020@humanrobotinteraction.org (チェア全員が見るので、メールは英語でお願いします)

配信元・問合先――――――――――――――――――――――――――――
大澤博隆
筑波大学
osawa@iit.tsukuba.ac.jp

INDEX