SEARCH
MENU

日本のロボット研究の歩みHistory of Robotics Research and Development of Japanインテグレーション・知能ほか

「日本のロボット研究開発の歩み」制作のねらいと編集方針

OPEN

日本ロボット学会ロボット研究開発アーカイブ実行委員会
委員長 高西 淳夫

日本ロボット学会は,この度ロボット研究開発アーカイブ「日本のロボット研究開発の歩み」を制作し公開致しました.これは,西暦2002年に学会創立20周年記念行事として編纂したDVD版「日本のロボット研究の歩み」を礎として,日本の優れたロボット技術を収集して後世に残すことをねらいに,論文全文とともに動画などの閲覧や検索を多様かつ簡便にできるようにしたものです.

この「日本のロボット研究開発の歩み」に収録し,記録にとどめるのにふさわしい顕著な業績を選定するうえで基本方針を以下のように定めました.

  1. 技術は論文の形で公表されて、初めて社会共有の知的財産となります.したがって原則として論文の形で公表されているものを収録対象業績としました.
  2. ロボット技術の定義は簡単ではなく,どこまでさかのぼって業績を収集するかが難しいのですが,本アーカイブではコンピュータ制御をキーテクノロジーととらえています.この観点から,最初の知能ロボットとして,1970年に公開された電子技術総合研究所および日立中央研究所のロボットをとりあげ,それ以降の技術の流れを記録することとしました.ただし,これ以前の研究からも特に優れたものは掲載しています.
  3. 最新の研究・開発業績については、論文発表や世間への公表をきっかけに評価が定まったと考えられるものを逐次追加更新していく予定です.
  4. 旧日本ロボット学会論文賞,日本ロボット学会誌論文賞,Advanced Robotics Best Paper Award受賞論文,旧技術賞及び実用化技術賞は基本的に全て掲載しています.これは新しい業績でも,学会として公式に評価選定されたものだからです.
  5. アカデミアの研究成果と共に企業の研究・技術開発は製品としてロボット技術を支えており,技術の発展に対し大きく貢献しています.企業活動上の制約などから論文になっていないものもあります.そこで企業の研究開発については,論文として公表されていなくても優れたものを積極的に収録・掲載しています.

内容は、筆者により発見された「不気味の谷」現象の解説である。1970年当時、外見が非常に生の手に似て、血管の膨らみから指紋に至るまでが本物の手にそっくりの、筋電によって制御される義手(ウイーンハンドと呼ばれていた)が開発された。

人工知能ロボットの研究

1972
江尻 正員烏野 武依田 晴夫後藤 達生武安 清雄

INFORMATION-POWER MACHINE WITH SENSES AND LIMBS

1973
加藤 一郎大照 完小林 寛白井 克彦内山 昭彦

ボルト自動締緩ロボット

1976
烏野 武江尻 正員徳永 赳

言語主導遠隔制御の研究

1984
平井 成興佐藤 知正

The Robot Musician 'Wabot2'

1987
加藤 一郎大照 完白井 克彦成田 誠之助菅野 重樹松島 俊明小林 哲則藤沢 栄蔵

マニピュレータ制御用高速座標変換LSIの開発

1989
亀山充隆樋口龍雄松本孝夫江上秀樹

3自由度パラレル機構と宇宙用スマート効果器への応用

1994
町田 和雄戸田 義継岩田 敏彰飯倉 省一小松 督

ロボットによる人間の意図の能動的理解機能

1995
佐藤 知正西田 佳史市川 純理畑村 洋太郎溝口 博

分散視覚システムによる移動ロボットの誘導

1999
十河 卓司木元 克美石黒 浩石田 亨

人間型二足歩行ロボットのためのテレイグジスタンス・コックピット

2000
舘 暲小森谷 清澤田 一哉西山 高史井床 利之小林 政巳井上 幸三

ロボット聴覚の提案,および,その現状と課題

2000
中臺 一博ティノ ローレンス奥乃 博北野 宏明日台 健一

冗長自由度ロボットの逆運動学不良設定性の自然解消

2005
有本 卓関本 昌紘橋口 宏衛小澤 隆太

二足歩行ヒューマノイドロボットによる人の舞踊動作の再現

2005
中岡 慎一郎中澤 篤志金広 文男金子 健二森澤 光晴比留川 博久池内 克史

ロボットタウンプロジェクト

2007
長谷川 勉倉爪 亮村上 剛司木室 義彦家永 貴史有田 大作千田 陽介足立 勝横山 和彦

ロボット聴覚オープンソースソフトウェア HARK (Honda Research Institute Japan Audition for Robots with Kyoto University) の研究開発と展開

2008
中臺 一博山本俊一奥乃 博バラン ジャンマルク中島 弘史武田 龍中村 圭佑吉田 尚水水本 武志大塚 琢馬

昆虫微小脳を用いた完全自律な脳-機械融合系の実現

2011
髙嶋 淳峯岸 諒倉林 大輔神﨑 亮平

人の楽器演奏に合わせて合奏する共演者ロボットの開発

2011
水本 武志アンジェリカ・リム大塚 琢馬糸原 達彦村田 和真中臺 一博奥乃 博Gökhan InceJoão Lobato Oliveira吉井 和佳

ロボット聴覚のための実環境ロバストなマイクアレイ処理

2013
中村 圭佑三浦 弘樹吉田 尚水坂東 宜昭水本 武志中臺 一博奥乃 博

ダイレクト教示可能な磁気テープレス自動搬送ロボット

2014
小田島 正藪下 英典森 健光藤井 亮暢田中 稔