SEARCH
MENU

日本のロボット研究の歩みHistory of Robotics Research and Development of Japanセンシング

「日本のロボット研究開発の歩み」制作のねらいと編集方針

OPEN

日本ロボット学会ロボット研究開発アーカイブ実行委員会
委員長 高西 淳夫

日本ロボット学会は,この度ロボット研究開発アーカイブ「日本のロボット研究開発の歩み」を制作し公開致しました.これは,西暦2002年に学会創立20周年記念行事として編纂したDVD版「日本のロボット研究の歩み」を礎として,日本の優れたロボット技術を収集して後世に残すことをねらいに,論文全文とともに動画などの閲覧や検索を多様かつ簡便にできるようにしたものです.

この「日本のロボット研究開発の歩み」に収録し,記録にとどめるのにふさわしい顕著な業績を選定するうえで基本方針を以下のように定めました.

  1. 技術は論文の形で公表されて、初めて社会共有の知的財産となります.したがって原則として論文の形で公表されているものを収録対象業績としました.
  2. ロボット技術の定義は簡単ではなく,どこまでさかのぼって業績を収集するかが難しいのですが,本アーカイブではコンピュータ制御をキーテクノロジーととらえています.この観点から,最初の知能ロボットとして,1970年に公開された電子技術総合研究所および日立中央研究所のロボットをとりあげ,それ以降の技術の流れを記録することとしました.ただし,これ以前の研究からも特に優れたものは掲載しています.
  3. 最新の研究・開発業績については、論文発表や世間への公表をきっかけに評価が定まったと考えられるものを逐次追加更新していく予定です.
  4. 旧日本ロボット学会論文賞,日本ロボット学会誌論文賞,Advanced Robotics Best Paper Award受賞論文,旧技術賞及び実用化技術賞は基本的に全て掲載しています.これは新しい業績でも,学会として公式に評価選定されたものだからです.
  5. アカデミアの研究成果と共に企業の研究・技術開発は製品としてロボット技術を支えており,技術の発展に対し大きく貢献しています.企業活動上の制約などから論文になっていないものもあります.そこで企業の研究開発については,論文として公表されていなくても優れたものを積極的に収録・掲載しています.

人工触覚によるパターン認識

1971
木下 源一郎高瀬 國克森 政弘

位相情報に注目した光学式近接センサ

1981
増田 良介長谷川 健介佐々 修一

マルチウインドウ方式ロボット視覚システム

1987
井上 博允溝口 博稲葉 雅幸池端 重樹磯貝 文彦

光学式角加速度センサ

1995
ゴドレール イヴァン

仮想ホロプタを用いた実時間両眼追跡

1995
喜多 伸之S. Rougeaux國吉 康夫坂根 茂幸

ビデオレートステレオマシンの開発

1997
金出 武雄蚊野 浩木村 茂川村 英二吉田 收志織田 和夫

非接触剛性イメージャ

2006
川原 知洋松永 佐斗志田中 信治金子 真

三次元形状計測ユニット MotoEye-3D

2012
入江 俊充沓掛 史典安田 裕也伊藤 俊樹一丸 勇二