SEARCH
MENU

日本のロボット研究の歩みHistory of Robotics Research and Development of Japan企業の研究開発

「日本のロボット研究開発の歩み」制作のねらいと編集方針

OPEN

日本ロボット学会ロボット研究開発アーカイブ実行委員会
委員長 高西 淳夫

日本ロボット学会は,この度ロボット研究開発アーカイブ「日本のロボット研究開発の歩み」を制作し公開致しました.これは,西暦2002年に学会創立20周年記念行事として編纂したDVD版「日本のロボット研究の歩み」を礎として,日本の優れたロボット技術を収集して後世に残すことをねらいに,論文全文とともに動画などの閲覧や検索を多様かつ簡便にできるようにしたものです.

この「日本のロボット研究開発の歩み」に収録し,記録にとどめるのにふさわしい顕著な業績を選定するうえで基本方針を以下のように定めました.

  1. 技術は論文の形で公表されて、初めて社会共有の知的財産となります.したがって原則として論文の形で公表されているものを収録対象業績としました.
  2. ロボット技術の定義は簡単ではなく,どこまでさかのぼって業績を収集するかが難しいのですが,本アーカイブではコンピュータ制御をキーテクノロジーととらえています.この観点から,最初の知能ロボットとして,1970年に公開された電子技術総合研究所および日立中央研究所のロボットをとりあげ,それ以降の技術の流れを記録することとしました.ただし,これ以前の研究からも特に優れたものは掲載しています.
  3. 最新の研究・開発業績については、論文発表や世間への公表をきっかけに評価が定まったと考えられるものを逐次追加更新していく予定です.
  4. 旧日本ロボット学会論文賞,日本ロボット学会誌論文賞,Advanced Robotics Best Paper Award受賞論文,旧技術賞及び実用化技術賞は基本的に全て掲載しています.これは新しい業績でも,学会として公式に評価選定されたものだからです.
  5. アカデミアの研究成果と共に企業の研究・技術開発は製品としてロボット技術を支えており,技術の発展に対し大きく貢献しています.企業活動上の制約などから論文になっていないものもあります.そこで企業の研究開発については,論文として公表されていなくても優れたものを積極的に収録・掲載しています.

知能アーク溶接ロボット「ミスターアロス」

1975
土橋 亮古川 隆安藤 司文三宅 徳久

トランジスタの自動組立システム

1976
江尻 正員宮武 孝文柏岡 誠治目瀬 道弘嶋 好博酒匂 裕坂本 雄三郎山崎 勇浜田 利満

可変クローラ型知能移動ロボット

1984
岩本 太郎亀島 鉱二中野 善之本間 和男榊原 義宏藤江 正克小川 優理子貝瀬 浩菅 和俊山本 広志

2足歩行ロボットWHL-11

1985
大津 誠佐々木 淑江吉田 富治佐々木 正祥堀口 章坂田 賢藤江 正克一柳 健中野 善之

宇宙実験用テレオペレーションシステム

1989
渡辺 一郎岡林 桂樹須田 良輔内山 隆

動き追跡処理システム「トラッキングビジョン」

1994
内山 隆森田 俊彦沢崎 直之岡林 桂樹浅田 和徳佐藤 雅彦井上 博允稲葉 雅幸

可搬式汎用知能アームPA-10の実用化

1994
大西 献大西 典子下山 公宏

力制御仕上げロボット「バリボ」

1996
神野 誠尾崎 文夫吉見 卓辰野 恭市神田 眞三玉田 保彦永滝 真太郎小熊 勇高橋 幹男

歩行訓練機・歩行支援機

1996
藤江 正克根本 泰弘竹内 郁雄小関 篤志酒井 昭彦服部 静子谷 知之柄川 索

ミニ組立工場CACの開発

1996
瀧口 昌之鈴木 伊知郎田中雅三酒井 政彦小南 哲也大熊 学

ランダムドットパターン投光ステレオを用いたロボット視覚

1996
橋本 学鷲見 和彦黒田 伸一小平 紀生岩田 彰太郎

人とビーチボールを打ち合うロボット

1998
辰野 恭市佐藤 広和橋本 英昭尾崎 文夫大明 準冶小川 秀樹植之原 道宏吉見 卓浅利 幸生前田 勝宏番場 弘行中井 宏章谷口 恭弘田中 英治舘森 三慶石川 実岡田 敏

閉リンク方式による小型精密ロボットの開発

2000
松山 二郎前川 清石藤田 正弘小林 智之佐田尾 圭輔

音によるモーションメディアコンテンツ流通技術

2000
中山彰岩城敏町野保北岸郁雄奥平雅司

研究用小型ヒューマノイドロボットプラットフォーム : HOAP

2001
内山 隆森田 俊彦RIADH Zaier神田 真司村瀬 有一永嶋 史朗安川 裕介岡林 桂樹植木 美和境 克司青山 光明舘野 茂夫木村 公一石川 日吉荻野 慶太吉野 実小林 雅司

全方向移動型パワーアシストカート

2001
藤原茂喜北野斉山下秀樹前田裕史福永秀雄

罫書き・切断および溶接ロボットシステムの開発

2001
小林 政己久保山 隆志山角 覚 小池 雅司村上 幹夫

インターネット対応型ロボット MARON-1

2002
沢崎 直之神田 真司村瀬 有一安川 裕介岡林 桂樹植木 美和境 克司内山 隆池島 裕之村上 泰啓今井 秀和

エンターテインメントロボットAIBO

2002
藤田 雅博景山 浩二大槻 正天貝 佐登史土井 利忠

人間型ロボットハンドGifu Hand III

2003
川﨑 晴久毛利 哲也伊藤 聡下村 尚之松波 俊宣花田 伸東 輝明

サービスロボットenonの研究開発

2004
内山 隆森田 俊彦沢崎 直之神田 真司村瀬 有一岡林 桂樹植木 美和中尾 学村川 賀彦境 克司姜 山陳 彬安川 裕介金岡 利和宍戸 徳一麻田 務松尾 浩一並河 豊山田 知弘

共通基盤画像認識モジュール「ステレオビジョンモジュール」の研究開発

2005
中尾 学沢崎 直之陳 彬深貝 卓也神田 真司森田 俊彦内山 隆田原 哲也永野 裕二阿部 大輔山中 俊宏内藤 久義

双腕作業機ASTACO

2005
石井 啓範冨田 邦嗣石橋 英人藤島 ー男太田 泰典小俣 貴之江川 栄治

GPS自律移動監視システム

2005
瀧口 純一梶原 尚幸島 嘉宏廣川 類黒崎 隆二郎目黒 淳一石川 貴一朗天野 嘉春橋詰 匠

ユーザの好みの場所に移動し,音楽を再生するロボットmiuro(ミューロ)

2006
谷口 恒西村 明浩原 神一早川 純一岡本 伸一

子ぐま型ソーシャルロボット

2007
渡辺 一郎今井 岳金岡 利知日高 洋士山岡 久俊雨宮 智立田 隼人安川 裕介

人と協働する自動車組立ラインのウィンドウ搭載支援ロボット

2007
村山 英之藤原 弘俊武居 直行鈴木 太志柴田 篤志松本 邦保鴻巣 仁司藤本 英雄

異形断面形状が成形可能な力制御スピニング加工機

2009
荒井 裕彦 藤村 昭造 岡崎 功 安斎 茂宏 長田 惠一森田 一久小山 博美 光永 博文 蔭山 三郎

無軌道自律移動ロボットによる検体搬送ロボットシステム

2009
村井 亮介酒井 龍雄三谷宏一中嶋久人上松弘幸

細胞自動培養システム

2010
中嶋 勝己櫻井 隆蓮沼 仁志上田 澄廣羽畑 修金澤 秀和脇谷 滋之田原 秀晃下平 滋隆植村 壽公

原子炉容器出入口管台 高速化INLAY技術

2010
下鍋典昭大西献大平真日並一幸杉浦篤

航空機用ジェットエンジンのベベルギヤ精密仕上げシステム

2013
上野 光柴崎 暢宏林 浩一郎三上 知三金子 大